読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シロオビハゼ

Cryptocentrus albidorsus (Yanagisawa, 1978)

特徴 体長10cmほど。体は細長く、頭部の先端と背面、それに続いて体背面が白い、成魚の臀鰭に後から前に走る5-6本の暗色斜走帯があるなどで同属他種と区別可能。
分布 和歌山県、種子島、琉球列島。台湾。珊瑚礁の砂底にテッポウエビ類と共生する。
分布 八丈島、和歌山県、宮崎県、種子島、琉球列島。台湾。
生息環境 内湾、サンゴ礁域の礁原に生息する。礫や死サンゴ片まじりの砂底、タイドプールでテッポウエビ類と共生。生息水深は10m以浅、特に2m以浅に多い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 トカラ列島宝島

2005.11.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する