読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ネジリンボウ

Stonogobiops xanthorhinica Hoese and Randall, 1982

分布 千葉県~鹿児島県錦江湾、伊豆諸島、沖縄県。~西太平洋
特徴 体側には黒っぽい斜帯が4本前後ある。生鮮時下顎から眼付近までは黄色っぽい色をしている。ヒレナガネジリンボウに似ているが背鰭の形状がやや異なっていて、第1背鰭の棘はふつう、あまり伸びない。また背鰭の黒色域が背鰭後方にまで達するのも特徴。
生息環境 内湾の砂地に生息しテッポウエビ類と共生。
その他 食用にはならないがダイバーに人気がある。観賞魚としても知られるが、ヒレナガネジリンボウと比べると流通される量はきわめて少ない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する