読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ホタテツノハゼ

Tomiyamichthys sp.

形態・特徴 前鼻管はツノ状に突出する。体色は暗色で、臀鰭は明瞭な黄色ではない。背鰭は円形で、白もしくは黄色の網目模様がある。体長3cm以下でこの仲間では小型の種。
分布 伊豆大島、和歌山県、高知県、奄美大島、琉球列島、西部太平洋域
生息環境 サンゴ礁域のやや深い(30-40m)、礫混じりの砂底で主にコトブキテッポウエビと共生する。
その他 ホタテツノハゼ属魚類はオニハゼ属魚類と酷似し、両属の関係については検討がすすめられている。日本には学名未定のものを含め6種ほどが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する