読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

セダカハナアイゴ

Siganus woodlandi Randall and Kulbicki, 2005

形態・特徴 腹鰭は1棘3軟条1棘。背鰭は13棘10軟条。臀鰭は7棘9軟条。胸鰭は16-18軟条。ハナアイゴと比べてやや体高が高い傾向があるが、背鰭軟条は第3軟条以降が分岐し、その先で分岐を繰り返すという特徴がある。また、その部分は黄色っぽくなる。体長30cmを超える。
分布 岩手県三陸町、和歌山県、琉球列島、小笠原諸島。~フィリピン、インドネシア、ニューカレドニア、フィジー。
生息環境 本種は岩手県でも漁獲されているものの基本的にはハナアイゴ同様熱帯域に生息するものと思われる。単独でいることも、小さな群れで見られることもあるよう。
食性 おそらくハナアイゴと同じような食性であると思われる。
その他 本種の解説については以下の文献も参考にした。

岡本 誠・桜井 雄・諏訪 仁・青沼佳方. 2001. 三陸沿岸における無効分散型魚類セダカハナアイゴの出現. I.O.P. Diving News, 12 (8) : 5-7.
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 瀬戸内町与路島臼瀬

2003.12.28

日本 沖縄県 渡嘉敷

2015.04.23

日本 沖縄県 宮古島

2016.01.20

日本 沖縄県 伊江島の港

2010.10.17

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.05.04

フィリピン サマール島

2010.09.29

日本 沖縄県 座間味島

2009.04.15

日本 沖縄県 慶留間島

2011.03.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する