読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオモンハゼ

Gnatholepis anjerensis (Bleeker, 1850)

形態・特徴 オオモンハゼの仲間は一見、クツワハゼの仲間ににるが頭部の感覚系や骨格などより、別の仲間であるとされる。口は小さい。眼下に明瞭な横線がある。胸鰭基部上方に黄色斑がなく、臀鰭に円形の斑紋を有しない。体長5cm。
分布 琉球列島。台湾、モルディブ、太平洋。珊瑚礁域の砂底にすむ。
生息環境 サンゴ礁域の砂底に生息する普通種。水深2m以浅に生息する。
その他 オオモンハゼ属はゴビオネルス亜科に含まれる。上唇後端が角ばっていることなどの特徴がある。日本からは4種が知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉敷川下流

2006.02.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する