読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

マサゴハゼ

Pseudogobius masago (Tomiyama, 1936)

特徴 体長2 cmほど。体はやや細長く、尾鰭基底にくさび形の黒色斑があることなどから同属のスナゴハゼと区別することができる。
分布 国内では宮城県~九州、瀬戸内海、壱岐、対馬、種子島、奄美大島、沖縄島に分布。ほかに朝鮮半島および台湾から知られる。
生息環境 河口域や泥浜干潟に生息する。干潟域のタイドプールにもよくみられる。
その他 環境改変に弱く、埋め立てや護岸などがされるとすぐに姿を消してしまう。沖縄島の個体群は環境省のレッドデータブックで絶滅のおそれのある地域個体群に指定されている。東京湾でも限られた場所に生息しているようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 多摩川 六郷

2009.10.24

日本 東京都 多摩川

2011.08.09

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する