読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤキインハゼ

Chaeturichthys stigmatias (Richardson, 1844)

形態・特徴 体は細長い。第1背鰭棘数は8で、マハゼやアカハゼなどと近縁の属であるとされる。下顎に長いひげが3対と、痕跡的なひげが1対ある。また鰓孔の後縁に3本の肉質突起を有することが特徴である。体長20cmに達する。
分布 対馬、東シナ海。~黄海、渤海、南シナ海。黄海中心部から済州島南部にかけての範囲に多い。
生息環境 水深40-85mに多く生息する。日本では対馬付近から漁獲されるのみで、少ない。
食性 オキアミ類、エビ類、アミ類、多毛類などを捕食する。
その他 繁殖期は渤海で3-5月。ヤキインハゼ属はゴビオネルス亜科に含まれ、本種のみが知られる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する