読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タネカワハゼ

Stenogobius sp.

形態・特徴 体色は灰色っぽい。上顎は下顎とほぼ同長。眼の下に黒色帯がある。雄の体側には細い暗色横帯が10本あるが、大きい個体では不明瞭になる。尾鰭上部に点列がない。ドウケハゼは本種によく似ているが、尾鰭の上部に点列があるので区別できる。体長10cmほど。
分布 小笠原諸島、鹿児島県、種子島、屋久島、琉球列島。台湾。河川の感潮最上流域、中流域、渓流域の下部といった陸水域に生息する。
生息環境 河川の感潮域最上部から、中流、もしくは上流域に見られ、流れの緩やかな場所に多く見られる。両側回遊魚である。
食性 砂中の底生動物を捕食する。
その他 普通食用にはしない。観賞魚として流通されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する