読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ダルマハゼ

Paragobiodon echinocephalus (Rüppell, 1828)

分布 和歌山県、高知県、屋久島、琉球列島。~海南島、西沙、インド・太平洋 (ハワイ諸島のぞく) 、紅海。
特徴 ダルマハゼ属魚類は、コバンハゼ属やミジンベニハゼ属魚類ににた体形をしているが、頭に細かいひげ状の突起がありこれらの2属のハゼと区別できる。本種は頭部が淡褐色で、体側や各鰭が暗色であることでクロダルマハゼやアカネダルマハゼと区別できる。ヨゴレダルマハゼとは、頭部のひげ状突起が長いこと、眼周囲に細かい斑紋があることなどで見分けられる。体長2cm。
生息環境 サンゴ礁域のショウガサンゴの枝間に単独か、ペアで見られる。
その他 ペアの相手の体サイズに関連し、雌雄どちらでも可能な性転換を行うことができるとも言われている。全く食用魚としては利用されないが、観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する