読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

サザナミハゼ

Valenciennea longipinnis (Lay and Bennett, 1839)

形態・特徴 第1背鰭に黒色斑があり、体側には細い縦帯がある。体側の中央部に楕円形斑がある。頭部には黄褐色縦帯が5本ほどある。これらの特徴により日本産のクロイトハゼ属のほかの魚と区別できる。体長20cmになる大型種である。
分布 伊豆半島、琉球列島。インド・西部太平洋。河川の河口域、内湾の湾奥部、サンゴ礁域、タイドプールの水深0.3~10mの範囲に生息する。
生息環境 サンゴ礁域や内湾の砂底にすみ、河口域にも出現する。
食性 底砂を口腔内に含み、その中の餌を捕食する。餌をとった後の砂は鰓孔より出される。
その他 観賞魚。痩せやすいので注意する必要がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 石垣島 川平

2010.07.23

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.20

フィリピン サマール島

2010.04.22

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する