読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミナミトビハゼ

Periophthalmus argentilineatus Valenciennes, 1837

形態・特徴 第1背鰭前方は尖り、暗色帯があることで近縁のトビハゼと区別可能。
分布 種子島、屋久島、琉球列島。インド・西太平洋域。
生息環境 河川汽水域の干潟やその周辺のマングローブ、さらに汽水域の近くにある浜辺など様々な場所に見られる。本種は熱帯性で、種子島以南に見られる。
食性 干潟上の小動物を捕食する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 石垣島 川平

2010.08.01

日本 沖縄県 西表島 浦内川

2014.03.26

日本 沖縄県 西表島 浦内川

2014.03.26

日本 沖縄県 石垣島 名蔵

2015.04.21

日本 鹿児島県 奄美市住用

2012.01.03

日本 沖縄県 豊見城市 漫湖水鳥・湿地センター

2015.05.05

フィリピン サマール島

2009.06.01

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.30

日本 沖縄県 西表島浦内川

2008.03.12

日本 沖縄県 沖縄島大保川

2005.03.18

日本 鹿児島県 奄美市住用

2012.01.03

日本 沖縄県 西表島浦内川

2008.03.12

日本 沖縄県 石垣島

2016.05.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する