読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

テンジクカワアナゴ

Eleotris fusca (Forster, 1801)

形態・特徴 体色は変異が大きく、また同一個体でも状況によって変化することがある。通常体色は暗色で、背面が明色になる。日本産カワアナゴ属魚種は4種いるとされ、この4種は互いに色彩が似通っており見分けるのは難しい。本種では鰓蓋部の上下の孔器列は鰓蓋後方で接すること、頬部の横列孔器列の2本が縦列孔器列を超えること、縦列鱗数は56~65である点などで他の種と区別できる。体長15cm。
分布 静岡県、宮崎県~西表島。中国、台湾、インド・太平洋域、
生息環境 河川の淡水域に生息し、渓流域にも見られるのは本種である。成魚は汽水域には見られない。転石下や障害物の陰に潜む。琉球列島以南に多い。
食性 肉食性で小魚、甲殻類、昆虫を夜間に捕食する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島 河川中流域

2009.07.30

日本 鹿児島県 奄美大島 河川中流域

2009.07.30

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する