読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヌメリゴチ

Repomucenus lunatus (Temminck and Schlegel, 1846)

形態・特徴 ネズミゴチに似ているが、雄では背鰭第1棘が長く伸び、第1背鰭の第4鰭膜に黒色斑がある。臀鰭はやや黒っぽい。雌は背鰭棘が伸びず、第1背鰭はほとんど一様に黒色で、第1鰭膜に細長い白色斑が出ることがある。臀鰭は淡色で、黒色の線がある。体長15cmほどになる。
分布 秋田県以南の日本海側、福島県~高知県に至る太平洋側、朝鮮半島南岸。沖合の砂・泥底にすむ。
生息環境 他のネズッポ属魚類よりもやや沖合を好むようである。砂泥底にすむ。
食性 底生動物を捕食する。
その他 海岸からの投げ釣りではあまりつれない。底曳網などで漁獲される。やや大きくなり、ネズミゴチなどとともに食用になることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する