読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハナビヌメリ

Paradiplogrammus enneactis (Bleeker, 1879)

形態・特徴 ハナビヌメリの仲間は5cm前後の小型種が多い。本種も体長6cm前後である。体側の側線は直線状で湾曲しない、前鰓蓋骨外側基部に前向突起があることでヒメテグリと区別できる。同属内での近縁種とは、前鰓蓋骨の内向棘は3-4棘であり、それはコガタハナビヌメリよりも大きい、雄成魚の吻端が下に向かって尖らないなどの特徴により区別できる。
分布 南日本、琉球列島。~フィリピン、南シナ海。
生息環境 浅海の小石交じりの砂底やアマモ場に生息する。
その他 小型種であり日本ではあまり食用とはされていないようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する