読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニセクロスジギンポ

Aspidontus taeniatus taeniatus Quoy and Gaimard, 1834

分布 相模湾以南の南日本。~西部太平洋の熱帯域。サンゴ礁・岩礁域に生息する。
特徴 吻から眼を通り、尾鰭にまで達する黒色帯がある。この縦帯は後方に向かって太くなる。体は後半部が青くなり、ソメワケベラ属のホンソメワケベラ等に似ており、擬態と考えられる。下顎の犬歯は大きいので注意。体長10cmを超える。
生息環境 岩礁やサンゴ礁域に生息。
食性 ほかの魚の皮膚や鱗などを捕食するが、他の餌も食うようである。
その他 本種のソメワケベラ属魚類への擬態は有名で、クリーニングをしてもらおうと近くに寄ってきた魚の皮膚の一部や鱗をかじる。またほかの魚に襲われないようにする防御のためでもあるらしい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 和歌山県 白浜町見草漁港横の砂浜

2007.11.23

日本 東京都 小笠原村

2015.07.16

日本 鹿児島県 奄美大島南部

2015.08.13

日本 和歌山県 日高郡漁港

2009.08.22

日本 和歌山県 日高郡漁港

2009.08.22

日本 和歌山県 日高郡漁港

2009.08.22

日本 和歌山県 日高郡漁港

2009.08.22

日本 和歌山県 日高郡漁港

2009.08.22

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する