読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

メガネウオ

Uranoscopus bicinctus Temminck and Schlegel, 1843

形態・特徴 背鰭は2基ある。鰓蓋後方にある擬鎖骨には大きな棘がある。体色は茶褐色で、体側に鞍状斑があるが、小斑はない。下顎に皮質突起をもつ。体長30cmほど。
分布 千葉県以南の太平洋岸、富山湾、琉球列島。~朝鮮半島、台湾、南シナ海、西太平洋。
生息環境 ミシマオコゼ科としては浅海性で、水深100m以浅にすむ。
食性 肉食性。下顎の皮質突起をルアーのように使って餌である小魚をおびき寄せるといわれている。
その他 小型底曳網、定置網、刺網などで漁獲されるが、主たる漁獲物とはなっていない。稀に市場に出る。刺身、唐揚げなどで美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 真鶴沖(真鶴港近くの栄寿司)

2015.05.21

日本 神奈川県 真鶴沖(真鶴港近くの栄寿司)

2015.05.21

日本 愛媛県 愛南町

2001.06.27

日本 神奈川県 真鶴沖(真鶴港近くの栄寿司)

2015.05.21

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.24

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.24

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.24

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.24

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.24

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.24

日本 愛媛県 愛南町

2001.06.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する