読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シロゲンゲ

Bothrocara zestum Jordan and Fowler, 1902

形態・特徴 体側には2本の側線があり、肛門上方の鱗が丸いことから、カンテンゲンゲによく似ているが、胸部に鱗があり、胸鰭の先端はあまり尖らないこと、頭部はあまり側扁しないなどのことからカンテンゲンゲと区別できる。大きいものでは60cmになる。
分布 茨城県以北の太平洋岸。~オホーツク海、ベーリング海、バハ・カリフォルニアに至る北太平洋。水深60~2688mの海底にすむ。
生息環境 水深60-2688mの海底に生息する普通種。太平洋側に分布する。
食性 底生動物のほかに、小魚なども捕食する。
その他 沖合底曳網で漁獲され、カンテンゲンゲなどと同じく食用にされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 北海道沖

2010.09.30

日本 岩手県 三陸沖

2015.06.09

日本 北海道 北海道沖

2010.09.30

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する