読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ナガガジ

Zoarces elongatus Kner, 1868

形態・特徴 腹鰭を有する。背鰭は尾端付近でつながりそこに棘をもつ。背鰭前方の背部に暗色斑がなく、背鰭棘数が9-14と少ない、両眼は近寄るなどの特徴で、コウライガジと区別できる。全長50cmに達する大型種。
分布 新潟県以北の日本海側、北海道東部。日本海北部、オホーツク海。沿岸の砂泥底や汽水域にすむ。
生息環境 沿岸域に生息し、汽水域にも入る。
食性 主に底生動物を捕食する。
その他 本属の魚は卵胎生であり、仔魚を200匹ほど産むという。底曳網で漁獲され練製品の原料になる。日本産のナガガジ属は2種が知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 根室市温根沼漁港

2009.05.24

日本 北海道 根室市温根沼漁港

2009.05.24

日本 北海道 根室市温根沼漁港

2009.05.24

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する