読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニシキブダイ

Scarus prasiognathos Valenciennes, 1840

形態・特徴 体高がやや高く、頭部は特に雄型では丸みを帯びる。雄型の尾鰭上・下葉は伸びる。雄型は眼前方に青緑色域があり、眼周辺より後方の頭部は黄色。腹鰭・臀鰭は青緑色で黄色帯があり、尾鰭にも鮮やかな橙色帯がある。雌型の色彩は茶褐色で、体側後半に小白色斑が多数ある。体長50cm。
分布 八丈島、琉球列島。~東部インド・西太平洋。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 珊瑚礁域に生息する。幼魚は南日本太平洋岸の磯や潮だまりにも見られる。
食性 主に付着藻類を捕食する。
その他 沖縄では追い込み漁、突き漁、刺網などで漁獲され、食用となる。美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2010.02.08

日本 東京都 小笠原父島青灯台

2015.06.29

フィリピン サマール島

2009.12.30

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.14

タイ シミラン諸島

2003.12.11

フィリピン サマール島

2010.05.15

日本 鹿児島県 喜界島沖

2008.11.18

日本 愛媛県 愛南町

2010.09.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する