読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シロオビブダイ

Scarus spinus (Kner, 1868)

形態・特徴 雄型と雌型で色彩は大きく異なる。雄型は鮮やかな緑色で、眼後方から胸鰭周辺までの間に大黄色斑がある。雌型は茶褐色の色彩で、同属他種と混同されている。頭部は丸みを帯びる。上顎歯板は上部の2分の1以上が唇でおおわれる。体長25cm。
分布 沖縄県。~西太平洋、マーシャル諸島、サモア諸島、オーストラリア北西岸。
生息環境 珊瑚礁の浅所に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2010.05.04

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.14

フィリピン ミンダナオ島イリガン市のフィッシュマーケット

2014.04.26

フィリピン サマール島

2010.01.30

日本 沖縄県 名護市 喜瀬 ブセナ海中公園(海中展望塔)

2016.05.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する