読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カンムリブダイ

Bolbometopon muricatum (Valenciennes, 1840)

形態・特徴 雌雄における色彩的な変化は少ない。成魚の体色は青みをおびる。体高は高い。大きな個体は頭部が盛り上がり、大きなこぶ状となる。大きいもので体長1.2mに達し、ブダイ科としては最大級のもののひとつ。
分布 鹿児島県笠沙、沖縄県。~インド・太平洋域。ハワイ諸島には分布しない。
生息環境 浅い珊瑚礁域や岩礁域に生息する。昼間は群れで行動するが夜間は単独で岩やサンゴの陰などで眠る。
食性 雑食性で、死サンゴや岩などに生えた藻類のほか、生きたサンゴも捕食する。
その他 カンムリブダイ属は1属1種からなる。かつてはイロブダイも本属に入れられたが、現在は別属として扱われている。食用魚となっているが、現在では少なくなっているようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

マレーシア シパダン島

2006.06.23

日本 沖縄県 糸満市 糸満道の駅お魚センター

2014.04.15

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.03.31

フィリピン サマール島

2010.10.23

サモア ウポル島

2007.01.01

フィリピン サマール島

2009.11.09

フィリピン サマール島

2010.05.16

日本 沖縄県 那覇市 泊いゆまちの鮮魚店

2016.07.13

日本 沖縄県 那覇市 泊いゆまちの鮮魚店

2016.07.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する