読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニセモチノウオ

Pseudocheilinus hexataenia (Bleeker, 1857)

形態・特徴 ニセモチノウオの仲間は小型で、多くの種で頭部や体側に縦帯を有し、胸鰭軟条がモチノウオ属よりもやや多い。本種は体側に5本前後の縦帯があること、尾柄の背部に黒点がある、などの特徴があり、ニセモチノウオ属のほかの種と区別できる。体長9cmほどの小型種。
分布 和歌山県以南、八丈島、小笠原。~インド・中部太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁に生息する普通種。
食性 小形であるが貪欲な種で、甲殻類などを捕食する。
その他 ニセモチノウオ属の魚は世界で7種、日本には5種が分布し、観賞魚として輸入されている。その中でも本種はもっとも多くみられるものである。安価で美しく、丈夫で飼いやすいが、性格が強く一部の小魚や甲殻類と混泳させるのには注意が必要なものとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン ボホール島

2007.05.30

日本 宮崎県 串間市

2015.03.17

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.02.27

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.11

フィリピン ボホール島

2007.06.01

日本 愛媛県 愛南町

2016.10.08

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する