読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ツキノワイトヒキベラ

Cirrhilabrus lunatus Randall and Masuda, 1991

形態・特徴 雄の尾鰭は両葉が伸長しており、Cirrhilabrus johnsoniなど一部の種を除くほかのイトヒキベラの仲間と区別される。色彩は赤みを帯びたものから、暗色まで変異が多い。雌や幼魚は、俗に「ピンテール・ラス」と呼ばれる種類に酷似しているという。体長10cmほど。
分布 八丈島、小笠原諸島、高知県、沖縄県。岩礁域にすむ。
生息環境 岩礁域に生息する。
食性 動物プランクトン食性。
その他 観賞魚として飼育される。本種は国内からのものも流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する