読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シラタキベラ

Pseudocoris bleekeri (Hubrecht, 1876)

分布 八丈島、奄美大島以南。~フィリピン、バリ、モルッカ。岩礁域にすむ。
特徴 雄の体側には暗色の横帯があり、体側後半部に眼径よりも大きくよくめだつ黄色横帯がある。雌は鰓蓋と尾鰭基部に黒色斑がある。幼魚には黄色縦帯がある。雌雄ともに尾鰭両葉はのびない。体長15cmほど。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域にすむ。
その他 学名は従来Pseudocoris philippinaが使用されていたが、これはPseudocoris bleekeriの新参異名とされている。シラタキベラダマシ属は日本に3種分布するが、このほかに台湾からのみ報告されているPseudocoris ocellataと思われる種が伊豆大島で撮影されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する