読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ノドグロベラ

Macropharyngodon meleagris (Valenciennes, 1839)

形態・特徴 雌雄で色彩が異なっている。雄は頭部や体側に青緑色斑があり、雌は大きな黒色斑が多数ある。幼魚は背鰭や臀鰭に目玉模様がある。体長12cmに達する。
分布 三宅島、和歌山県以南、小笠原。~中部太平洋。砂礫や岩礁域にすむ。
生息環境 普通はサンゴ礁に生息する。昼間はサンゴ礁を遊泳するが、夜間の睡眠時や、危険が迫ると砂の中に潜る。
食性 底生動物を捕食する。
その他 色彩が美しく、観賞魚として人気がある。従来「ゴイシベラ」と呼ばれていたのは本種の雌だという。成魚は食用にされることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 串間市

2015.03.17

日本 東京都 八丈島 八重根

2015.11.26

フィリピン サマール島

2010.02.08

日本 東京都 八丈島 八重根

2015.01.13

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.22

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.22

フィリピン サマール島

2009.10.28

フィリピン ボホール島

2007.06.01

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.04

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.04

サモア ウポル島

2009.02.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する