読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハラスジベラ

Stethojulis strigiventer (Bennett, 1832)

形態・特徴 カミナリベラ属魚類も、雌雄で色彩や斑紋が大きく異なる。本種の雄は尾鰭基部に小黒色斑があり、他のカミナリベラ属魚類の雄と区別できる。雌や幼魚の腹部には縦帯が多数ある。雌雄ともに胸鰭基部上方に赤色斑がない。体長12cmほど。
分布 相模湾以南。~インド・中部太平洋(ハワイ諸島をのぞく)。岩礁域にすむ。
生息環境 岩礁域、サンゴ礁周辺の砂底、礁湖、藻場、海草場などに生息する。小さな群れをつくる。
食性 動物食性と考えられる。
その他 日本では観賞魚として流通される。東南アジアでは食用となっているようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 愛南町

2015.10.26

フィリピン サマール島

2009.04.13

日本 鹿児島県 奄美大島

2015.01.16

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.07.26

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.03.22

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.30

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.30

サモア ウポル島

2009.03.22

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.07.26

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.07.26

日本 沖縄県 南城市

2012.12.16

日本 沖縄県 南城市

2012.12.16

日本 沖縄県 南城市

2012.12.16

日本 鹿児島県 加計呂麻島

2016.08.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する