読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クロベラ

Labrichthys unilineatus (Guichenot, 1847)

形態・特徴 吻は短い筒状、成魚の雄は暗い緑色で、体側に黄色の太い横帯があり、頭部から尾鰭の付近にまで青色縦線がある。雌の体色は黒っぽい。幼魚は体側に白色の縦線がある。クロベラ属魚類は本種のみの1属1種で、マナベベラ属に似ているが、頭部の鱗域が吻部にまで達し、臀鰭の棘は3本とも外部から見られる点などが異なる。体長15cmになる。
分布 和歌山県以南。~インド・西太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。主としてミドリイシなどの枝状サンゴの周辺に見られる。
食性 サンゴのポリプを捕食するとされている。
その他 観賞魚として流通するが、主としてサンゴのポリプを捕食するため飼育が難しいとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2010.10.19

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.03.20

サモア ウポル島

2009.05.24

サモア ウポル島

2008.10.26

フィリピン ボホール島

2011.02.18

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.02.17

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.10

日本 沖縄県 宮古島

2016.10.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する