読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤマブキスズメダイ

Amblyglyphidodon aureus (Cuvier, 1830)

形態・特徴 背鰭は13棘。体色は鮮やかな黄色。ナミスズメダイやニセクラカオスズメダイに似るが、涙骨や眼下骨は殆ど被鱗しない。体長10cm。
分布 琉球列島。東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域。水深12~35mのサンゴ礁域に生息する。
生息環境 珊瑚礁域や岩礁域の斜面にすむ。日本ではやや少ない。
食性 雑食性で主に動物プランクトンを捕食する。また、藻類も食べる。
その他 普通食用にはしない。観賞魚としてたまに流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン モアルボアル

2012.06.10

日本 沖縄県 久米島

2014.12.23

マレーシア サバ州マタキン島

2009.09.19

フィリピン サマール島

2011.11.13

フィリピン ボホール島

2010.06.01

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.21

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.21

フィリピン ボホール島

2010.06.01

インドネシア バリ島

2006.10.07

インドネシア バリ島

2006.10.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する