読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミヤコキセンスズメダイ

Chrysiptera brownriggii (Bennett, 1828)

特徴 全長7cm。幼魚は体色が黄色く、吻から背部にかけて鮮やかな青色線があり、その青色線の中央に黒色斑がある。青色線より上部は橙色を呈する。イチモンスズメダイの幼魚に似ている。成魚になると、体色は暗色になり、体側中央部と尾柄部に目立つ白色横帯がある。
分布 千葉県以南の太平洋岸(幼魚)、伊豆大島、八丈島、屋久島、小笠原諸島、琉球列島以南。~インド-太平洋の熱帯域。
生息環境 ごく浅いサンゴ礁域に生息する。幼魚は関東以南の太平洋岸で夏~秋にかけてみることができる。
食性 雑食性。藻類や小動物を捕食する。
その他 観賞魚として飼育される。成魚は気が強いといわれ要注意。
かつて本種の幼魚は「キンランスズメ」という名前でよばれ別種とされていた。また従来の学名Chrysiptera leucopomaは、C.brownriggiの新参異名とされているようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 和歌山県 天神崎のタイドプール

2005.10.16

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2015.10.26

日本 沖縄県 西表島

2014.05.08

日本 沖縄県 西表島

2014.04.24

日本 沖縄県 西表島

2014.04.24

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.22

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.27

サモア ウポル島

2009.01.25

日本 鹿児島県 喜界島空港裏磯

2010.05.02

日本 和歌山県 御坊市 タイドプール

2010.09.22

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する