読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クサカリツボダイ

Pseudopentaceros wheeleri Hardy, 1983

形態・特徴 ツボダイに似ているが、背鰭棘数が13-14棘とツボダイ属に比べて多く、体高がやや低い。体色は暗色、体長50cmに達する大型種である。
分布 房総半島~小笠原諸島、九州-パラオ海嶺北部。北太平洋。水深330~360mにすむ。
生息環境 深海性の魚で、水深200m以深にすむ。
食性 肉食性。
その他 1969年以降、食用魚として注目を浴びるようになった魚である。皮は硬いものの、肉は白身で美味である。現在は切り身などでも流通している。漁法は底曳網が主である。
Hardyは、「ニュージーランド海域の水族」(海洋水産資源開発センター、1990年)で、Pseudopentaceros richardsoniに「クサカリツボダイ」の和名をあてているがこの和名は北太平洋産の種に与えられるべきものとされている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 八丈島の沖

2007.09.08

日本 東京都 八丈小島沖

2008.09.04

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

日本 東京都 八丈小島沖

2008.09.04

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

日本 東京都 八丈小島沖

2008.09.04

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

日本 静岡県 伊豆沖

2009.05.31

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する