読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タテジマヤッコ

Genicanthus lamarck (Lacepède, 1802)

特徴 雄型・雌型ともに体色は淡色で、体側には眼の後方から伸びる約4本の黒色縦帯がある。成魚の雄型では腹鰭が黒いが、雌型や幼魚では白色。尾鰭上・下の暗色線は雌型にはあるが、雄型にはない。背鰭棘および軟条の背方は黒色。尾鰭や臀鰭には小さな黒色小斑が雄型・雌型ともにある。体長20cm。
分布 八丈島以南。~西太平洋。珊瑚礁や岩礁域にすむ。
生息環境 潮通しのよいサンゴ礁や岩礁域で見られる普通種。ハレムを形成するといわれている。
食性 雑食性。付着生物のほか、動物プランクトンなども捕食する。
その他 観賞魚として流通される。タテジマヤッコ属の魚種は総じて遊泳性であり、大型の水槽を用意したい。雌性先熟の性転換を行うという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2014.11.02

日本 沖縄県 国頭郡本部町

2006.08.19

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2014.11.02

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2014.11.02

日本 沖縄県 水納島沖

2008.05.24

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.24

日本 沖縄県 伊江島沖

2007.06.26

フィリピン セブ スミロン島 サンクチュアリ

2012.09.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する