読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤイトヤッコ

Genicanthus melanospilos (Bleeker, 1857)

形態・特徴 雄型の個体は体色は淡色、体側に多数の細横帯を有しその帯は腹部にまで達する。体側の細横帯は直線のものや基部付近で分岐しY字になるものなど若干の変異がある。背鰭は一様に黄色っぽく、大きな黒色斑がないことでよく似たゼブラエンゼルフィッシュの雄と区別可能。雌型の体色は灰色っぽいが、背部はやや黄色みをおび、鱗にも黄色斑がある。背鰭も同様に黄色。尾鰭に黒色線があるがそれは背鰭軟条に達しない。また頭部に黒色帯がないことなどでよく似たゼブラエンゼルフィッシュやヒレナガヤッコの雌と区別できる。大きいものでは全長20cm近くになる。
分布 奄美大島以南。東部インド・西部太平洋。
生息環境 潮通しのよい珊瑚礁や岩礁に生息する。水深20~45mの範囲に多い。
食性 主に動物プランクトンを捕食する。
その他 観賞魚として普通に輸入されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 久米島

2005.05.09

日本 鹿児島県 屋久島

2014.09.24

日本 沖縄県 西表島

2014.04.21

日本 東京都 小笠原

2015.07.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する