読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミカドチョウチョウウオ

Chaetodon baronessa Cuvier, 1831

形態・特徴 チョウチョウウオの仲間では体高が高い。体側には黄色の縞模様があり、体側上方と下方で交わる。眼を通る茶褐色の帯がある。インド洋には良く似た種が生息するが、本種の尾鰭には黄色く全面にわたる縁取りがない。また紅海産の種では頭部が一様に橙色になる。体長15cm。
分布 南日本の太平洋岸、琉球列島。東部インド・西部太平洋の熱帯域。岩礁・サンゴ礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁域の浅所に生息する。番でいることが多い。
食性 主としてミドリイシ類など、造礁サンゴのポリプを主に食べる。
その他 サンゴのポリプを食する種で飼育は難しい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2012.11.02

フィリピン ボホール島のセントラルマーケット

2014.05.05

日本 沖縄県 石垣島

2015.03.18

フィリピン ボホール島

2011.02.18

インドネシア バリ

2013.05.24

日本 宮崎県 日南海岸

2000.06.15

フィリピン ボホール島

2010.06.03

日本 沖縄県 座間味島 古座間味ビーチ

2008.10.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する