読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イッテンチョウチョウウオ

Chaetodon unimaculatus Bloch, 1787

形態・特徴 頭部に眼を通る黒色帯がある。体側上方には白く縁取られた目玉模様をもつ。背鰭から尾柄部を通り臀鰭に達する黒色横帯がある。体色の黄色は腹部へ近づくにつれ薄くなる。腹鰭・臀鰭は黄色で、尾鰭は透明に近い淡色。体長13cm。
分布 南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域。岩礁・サンゴ礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁・岩礁域に生息する。日本でもサンゴ礁域に普通に見られ、幼魚は死滅回遊で本州南部太平洋岸の岩礁域にも姿を見せることがある。
食性 主にサンゴのポリプを捕食するが、雑食性で甲殻類、貝類、付着藻類なども食べる。
その他 観賞魚。ポリプ食性ではあるが雑食にも適応し、比較的飼いやすい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2013.12.31

日本 沖縄県 西表島

2011.11.01

サモア ウポル島

2008.11.26

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.23

フィリピン ボホール島

2010.06.02

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.23

フィリピン サマール島

2009.12.30

フィリピン サマール島

2010.10.23

インドネシア Wakatobi

2015.05.05

マレーシア シパダン島

2006.06.22

日本 宮崎県 日南海岸

1999.07.11

日本 沖縄県 阿嘉島ニシバマビーチ

2005.09.16

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.20

日本 和歌山県 串本 磯

2010.11.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する