読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

テンツキチョウチョウウオ

Parachaetodon ocellatus (Cuvier, 1831)

形態・特徴 体側に3本、背鰭から尾柄部を経て臀鰭に達する1本、そして眼を通る1本の黄色横帯がある。背鰭棘は6本と、チョウチョウウオの仲間としてはとくに少ない。3本目の横帯の背鰭軟条部に黒色斑がある。幼魚では尾柄部に目立つ黒色斑をもつ。体長15cm。
分布 小笠原諸島。東部インド洋~西部太平洋の熱帯域。内湾の砂泥底域に生息する。
生息環境 砂・泥底に生息する。日本では少ない。
食性 雑食性。
その他 底曳網などで漁獲される。観賞魚として飼育されている。テンツキチョウチョウウオ属は本種のみが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2010.01.25

フィリピン ボホール島

2010.06.01

フィリピン ボホール島

2010.06.01

インドネシア バリ

2013.05.24

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する