読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミナミハタタテダイ

Heniochus chrysostomus Cuvier, 1831

形態・特徴 背鰭第4棘はハタタテダイ程ではないが伸長する。頭部から腹鰭にかけてと、背鰭第4-6棘鰭膜から臀鰭軟条にかけて、背鰭棘の後の3棘鰭膜からその下方および軟条部にかけて茶褐色帯がある。体長15cm。
分布 相模湾以南。~ハワイ諸島を除く中部太平洋域。サンゴ礁域に生息する。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。
食性 サンゴのポリプを好んで食べる。
その他 観賞魚。日本では食用にはなっていない。ポリプ食性のチョウチョウウオで飼育はやや難しい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

サモア ウポル島

2009.01.25

日本 和歌山県 白浜町見草漁港

2008.09.14

フィリピン ボホール島のセントラルマーケット

2014.05.12

日本 鹿児島県 奄美大島

2010.08.06

日本 沖縄県 座間味島

2009.06.17

日本 和歌山県 南紀

2013.11.14

日本 沖縄県 安慶名敷島

2008.10.17

日本 和歌山県 白浜町見草漁港

2008.07.31

日本 沖縄県 名護市太平洋側漁港

2012.08.16

日本 和歌山県 南紀 磯

2013.07.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する