読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ソコニシン

Bathyclupea argentea Goode and Bean, 1896

形態・特徴 背鰭は棘を欠き、9軟条からなる。臀鰭は1棘29軟条であることから他のソコニシン科と区別できるという。ニシン科魚類に似た姿だが、喉位の腹鰭があり、1棘5軟条からなる。体長20cm。
分布 沖縄舟状海盆。大西洋。
生息環境 水深505~677mから得られている。
食性 肉食性。
その他 本種は当初大西洋西部から得られた標本に基き標準和名提唱が行なわれたが、のちに沖縄舟状海盆からも得られた。ソコニシン科の魚は1属7種で、日本からは本種のみが知られている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する