読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオスジヒメジ

Parupeneus barberinus (Lacepède, 1801)

形態・特徴 吻端から眼を通って尾柄部の近くまで伸びる黒色縦帯が見られること、尾柄部の体側中央に1個の黒色斑があることが特徴。ヒメジ科魚類の中ではかなり大型になり、全長60cmを超えることもある。
分布 千葉県勝浦、神奈川県以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。ハワイ諸島にはいない。
生息環境 水深100mまでのサンゴ礁域の砂底・砂礫底・藻場などに生息する。日中は単独もしくは小規模な群れを形成して活動し、夜間は単独で休息するという。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾内

2006.02.21

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.05.22

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2014.11.11

フィリピン タクロバン市場

2008.12.07

フィリピン ボホール島

2007.05.29

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.18

鹿児島県喜界島

2013.11.15

マレーシア シパダン島

2006.06.20

サモア ウポル島

2009.09.12

日本 愛媛県 愛南町

2010.08.21

サモア ウポル島

2008.11.24

フィリピン ボホール島

2011.02.19

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.05.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する