読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

フタスジヒメジ

Parupeneus crassilabris (Valenciennes, 1831)

形態・特徴 色彩は環境などにより紫色になったり、赤くなったり、白っぽくなるなど変異が多い。体側には第1・2背鰭の下に大きく太い暗色横帯があり、ほか尾柄背部にも同様の横帯が出ることもある。体長30cmを超える。
分布 静岡県、和歌山県、愛媛県、高知県、琉球列島。~西太平洋、オーストラリア北西岸。珊瑚礁域の海藻繁茂域や礁湖にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域、その周辺の砂底によく見られる。また海藻繁茂域などにもいる。
食性 肉食性。小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 他のウミヒゴイ属魚類同様に食用となる。国内では琉球列島などでたまに水揚される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.05.22

フィリピン サマール島

2012.08.06

日本 東京都 小笠原

2012.04.18

トケラウ諸島 アタフ島

2006.11.20

日本 愛媛県 愛南町

2010.08.25

フィリピン サマール島

2011.07.18

フィリピン ボホール島

2009.04.13

フィリピン セブ島

2007.06.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する