読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カンダリ

Collichthys lucidus (Richardson, 1844)

形態・特徴 後頭部に骨質突起があり、これは成魚でものこる(キグチ属でも稚魚のうちは顕著だが成長に伴い消失する)。臀鰭の軟条数は他の日本近海産ニベ科魚類と比べると多い(11-13軟条)。メブトカンダリと似ているが、後頭部にある骨質突起が4尖頭であること(メブトカンダリで2尖頭)、鰓蓋部は暗色でない(メブトカンダリでは暗色)、などが特徴。体長17cmほどでやや小型種。
分布 東シナ海。~黄海、渤海、南シナ海。水深15~90mの砂・泥底にすむ。
生息環境 日本近海では東シナ海で見られるが日本の近くには多くない。韓国近海では多産する。水深30-80mの範囲に多く見られ、浅いところでは15mでも採集される。
食性 甲殻類や魚類を主に捕食する。
その他 最近、日本では殆ど水揚げされなくなった種。韓国ではあんこう網と呼ばれる網で漁獲され、塩漬けにされている。小型ではあるが美味といわれている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する