読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タマメイチ

Gymnocranius satoi Brosa, Béarez, Paijo and Chen, 2013

分布 鹿児島県以南、琉球列島、小笠原諸島。~東インド、西太平洋。
特徴 タマメイチはシロダイによく似ているが、背鰭棘中央部下における側線上方横列鱗数がふつう6であることや下顎側部の歯は円錐状であることなどの点で区別できる。また前鰓蓋の無鱗域が眼白色で、主鰓蓋骨上に小さな青みを帯びた斑点があること、体高はやや高いこと、体側の側線より下に黒色点があるがそれはごく一部の鱗にのみあることなどにより、最近日本からも報告されたヒキマユメイチと区別することができる。体長40cmに達する。
生息環境 シロダイと同じようにやや深い(水深100m以浅)海底の砂底や岩礁域に生息する。
その他 沖縄では釣りなどで漁獲され、他のメイチダイ属魚類と同様に食用になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 平良港沖防

2014.11.29

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.04.28

日本 沖縄県 那覇市港町 泊いゆまち内の鮮魚店 (沖縄本島近海産)

2016.04.28

日本 沖縄県 那覇市港町 泊いゆまち内の鮮魚店 (沖縄本島近海産)

2016.04.28

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.04.28

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.04.28

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.04.28

日本 沖縄県 名護市の魚市場

2016.08.18

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する