読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タイワンダイ

Argyrops bleekeri Oshima, 1927

分布 高知県、琉球列島。~南シナ海。沖合性である。
特徴 マダイなどに比べると体高があり、背鰭前方の数棘は糸状に伸びる。幼魚では頭部から体側にかけ6本以上の横帯がある。臀鰭軟条数は8であることで同じく背鰭の棘条が伸びるチダイおよびヒレコダイ(これらでは9)と区別できる。体長40cmに達する。
生息環境 やや深い砂底に生息する。
その他 釣りなどで漁獲されほかのタイ科魚類と同様に食用になる。タイワンダイ属魚類は分類学的再検討がすすめられているところであるようだ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.13

日本 沖縄県 糸満沖

2016.04.23

フィリピン 中部ルソン地方 マニラのフィッシュマーケット

2014.10.26

フィリピン サマール島

2009.10.29

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2015.12.15

日本 鹿児島県 奄美市宇検村焼内湾

2011.12.04

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.13

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.13

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.13

日本 鹿児島県 大島海峡

2009.03.11

日本 鹿児島県 瀬戸内町篠川

2011.09.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する