読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

トンキンイトヨリ

Nemipterus thosaporni Russell, 1991

形態・特徴 背鰭は10棘9軟条、臀鰭は3棘7軟条。生時、体側には2本の黄色縦線があり、腹縁に黄色縦線を有しない。尾鰭上葉は尖るが伸長せず、その先端は黄色。大きいものは体長22cmになるが、南シナ海のものは小型であるという。
分布 琉球列島以南。~台湾、南シナ海、シャム湾、インドネシア。水深50~100mの砂泥底にすむ。
生息環境 水深50~100mにすむが、もっと浅い水深でも漁獲される。
食性 肉食性。
その他 底曳網で漁獲され、東南アジアでは食用になっている。南シナ海では量的には多く、モモイトヨリに次ぐ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.26

フィリピン ルソン島のバコールマーケット

2014.05.23

日本 鹿児島県 奄美市宇検村焼内湾

2011.12.04

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.05.02

日本 鹿児島県 奄美大島宇検筏1番

2012.05.04

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.05.02

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.05.02

日本 鹿児島県 瀬戸内町篠川湾

2011.08.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する