読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤマトイトヒキサギ

Gerres microphthalmus Iwatsuki, Kimura and Yoshino, 2002

形態・特徴 イトヒキサギの仲間は背鰭の第2棘が長く伸長する。日本には3種が生息し、本種は南日本に分布する。
主上顎骨の露出部は二等辺三角形で、主上顎骨の後端は虹彩に達し、眼がやや小さい、などの特徴をもつ。体長25cmに達する。
分布 和歌山県、高知県、宮崎県、鹿児島県志布志湾、種子島などで確認されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 大淀川河口

2006.06.06

日本 宮崎県 串間市

2009.11.07

日本 宮崎県 大淀川河口

2006.06.06

日本 宮崎県 サンマリーナ宮崎

2008.07.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する