読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イトヒキフエダイ

Symphorus nematophorus (Bleeker, 1860)

形態・特徴 成魚は体高があり、体色は赤色から褐色。吻は丸みを帯びている。若魚では背鰭の軟条のうち数本が糸状に伸び、体側に青白い細縦帯が10本ほどあるなどイレズミフエダイの成魚ににているが、イレズミフエダイの吻外郭は垂直に近いこと、イレズミフエダイの尾柄部の黒色斑が本種にはないことで区別できる。大きいものは1mに達する大型種。
分布 和歌山県串本、高知県柏島、琉球列島。~台湾、西太平洋、アンダマン海。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域のやや深い場所(水深20m以深)に生息する。
食性 小魚を捕食する。
その他 釣りなどで漁獲され食用になっているが、一部の国ではシガテラ毒をもつこともあるという。イトヒキフエダイ属は本種のみの1属1種である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 慶良間沖

2010.02.26

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.11.05

日本 沖縄県 熱田沖

2009.06.08

日本 鹿児島県 奄美大島 宇検村

2005.05.19

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.05.05

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.01.12

フィリピン サマール島

2009.12.20

日本 鹿児島県 奄美大島 宇検村

2005.05.19

フィリピン サマール島

2011.02.04

日本 沖縄県 久米島沿岸

2007.01.12

日本 沖縄県 本島東海岸

2015.11.02

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.05.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する