読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カイユウセンニンフグ

Lagocephalus suezensis Clark and Gohar, 1953

形態・特徴 ほかのサバフグ属魚類に比べて体は細長く、センニンフグに似るが、体側背面に暗色斑点がなく、褐色斑紋と細紋がある。センニンフグと異なり小型種で、最大でも15cmほど。かつてはセンニンフグの幼魚とされたことがある。
分布 南日本太平洋側。インド・西太平洋域。
生息環境 沿岸域から沖合に生息し、定置網でも漁獲される。
食性 肉食性と考えられる。
その他 毒性は不明なので食用にしないこと。1953年に新種記載され、2001年に「以布利 黒潮の魚」(大阪海遊館, 2001) という書籍のなかで日本から初めて報告された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 古宇利島

2015.03.26

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.05

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.05.08

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港内

2005.06.05

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2005.05.08

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

フィリピン サマール島

2009.11.07

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する