読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミナミギンガメアジ

Caranx tille Cuvier, 1833

特徴 全長70cm。ギンガメアジに似るが、若干吻詰まりの印象を受ける。頭部が丸みを帯び、鰓蓋の黒点はギンガメアジのそれよりも大きい。尾鰭上葉の後端は黒く縁どられるが、下葉は縁どられない。
分布 山口県、鹿児島県、琉球列島。インド・西太平洋域。内湾や珊瑚礁などにすむ。
生息環境 沿岸域に生息する。
その他 めったに見ることのできない種で、琉球列島でも珍しい。山口県での記録はあるが、本土では極めて稀である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島 龍郷湾

2012.11.22

フィリピン 中部ルソン地方 ルソン島のバコールマーケット

2014.10.23

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.11

フィリピン 中部ルソン地方 ルソン島のバコールマーケット

2014.10.23

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.11

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.11

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.11

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する