読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

キツネアマダイ

Malacanthus latovittatus (Lacepède, 1801)

特徴 体長35cmと、本科魚類では大型になる。主鰓蓋骨には大きな棘をもつ。体色は青っぽく、体側に太く黒い縦縞がある。幼魚は白と黒の色彩で、一見ベラ科のソメワケベラ属にも見える。
分布 相模湾、田辺湾、琉球列島。ハワイ、紅海、南アフリカ、インド・西太平洋。
生息環境 サンゴ礁域やその周辺の砂底に生息し、孔を堀り、隠れ家とする。
食性 肉食性。主に底生動物を捕食する。
その他 幼魚は観賞魚に向く。成魚は刺網や釣りで漁獲され、琉球列島以南では食用になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 千葉県 館山市坂田

2011.10.03

フィリピン フィリピン(サマール島)

2009.03.20

日本 鹿児島県 喜界島沖

2010.08.23

フィリピン サマール島

2012.03.20

サモア ウポル島

2008.11.02

フィリピン ボホール島

2011.02.18

フィリピン ボホール島

2011.02.18

日本 鹿児島県 屋久島

2016.07.21

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.09.27

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.09.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する