読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミヤコイシモチ

Ostorhinchus ishigakiensis (Ida and Moyer, 1974)

形態・特徴 体は茶褐色。背鰭先端には明瞭な白色斑がある。尾鰭はわずかに湾入する。頬部に暗色斜帯が2本ある。体長6cm。
分布 奄美大島以南。フィリピン。内湾の藻場周辺や砂泥底を好み珊瑚や沈下物に群れる。
生息環境 サンゴ礁域、砂・泥底域、藻場の周辺にすむ。またそれらの周辺にある防波堤にもすむ。内湾性種で普通種。
食性 肉食性。
その他 小型種で群れるのでよく釣れるが食用にはされていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 北谷町 浜川漁港

2014.03.17

日本 沖縄県 那覇市 泊漁港

2014.04.20

日本 沖縄県 糸満 釣り筏

2012.12.16

日本 沖縄県 沖縄県 牧港漁港

2010.07.04

日本 鹿児島県 奄美大島南部

2015.08.13

日本 沖縄県 石垣島

2016.05.04

日本 沖縄県 浦添市牧港漁港

2011.03.19

日本 沖縄県 那覇市泊港

2007.06.17

日本 沖縄県 西表島

2011.10.31

日本 沖縄県 沖縄県 牧港漁港

2010.07.04

日本 沖縄県 座間味島

2011.06.22

日本 沖縄県 泊漁港

2012.07.28

日本 沖縄県 那覇 泊漁港

2012.11.18

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する