読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

マトイシモチ

Jaydia carinata (Cuvier, 1828)

形態・特徴 体色は灰褐色で、生時、体は光沢をもった美しい色彩。体側には目立つ横帯がなく、背鰭軟条部に大きな黒色楕円斑をもち、テンジクダイと容易に区別できる。体長11.5cmに達し、テンジクダイ属の中では大型種。
分布 千葉県・鳥取県以南。シナ海。水深50m付近の泥底に生息する。
生息環境 やや深い海の砂底、砂泥底、泥底にすむ。水深は70-100mほどに多い。
食性 肉食性で、主にエビ類を捕食する。小型甲殻類や魚類なども捕食する。
その他 中型底曳網よりも、小型底曳網ではよく漁獲されている。量的には少なくないが、産額は少なく、雑魚として練製品の原料となる程度である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する